!僕 は 危 険 な 場 所 に あ る 国 宝 へ G O ~!

emoticon-0102-bigsmile.gifみなさん~ご無沙汰しています~僕は、鳥取県にある三徳山三佛寺へ出掛けました~emoticon-0105-wink.gif
神と仏の宿る山 三徳山三佛寺~
県道の麓にある遥拝所から望む投入堂 
d0155361_22492918.jpg

鳥取県のほぼ中央に位置する標高約900mの三徳山の
中腹標高470mの断崖に浮かぶように建つ
国宝・投入堂は、写真などでご覧になられた方も多いかとは思いますが・・・
今朝、入峰修行に投入堂まで参拝登山してきました。

正面の階段から上って

d0155361_22515611.jpg

頑張って登るぞー(*゚∇゚) 
三詣者受付案内所で本堂までの拝観料を支払って三佛寺へと進みます。
途中に、とても音色の綺麗な水琴窟があります。

d0155361_22564075.jpg

今、改修工事中の三佛寺本堂脇を通って登山事務所へ。
拝観料とは別に登山事務所で、さらに入山料を支払います。
ここで住所氏名および入山時間を記帳すると
輪袈裟を貸与されそれを掛けて登ります。
修行道としての参道ですのでかなり厳しい難所が多く
しっかりした運動靴で無いと入山させてくれません。
※靴のチェックによっては、わらじを購入することになります。

d0155361_230272.jpg

宿入橋を渡って結界へ・・・奥の院投入堂へと向かいます。
d0155361_2321292.jpg

石碑に「忌穢不浄輩禁登山」と刻まれてます。
一昨日までの雨で足もとが悪いので滑らないよう慎重に
一歩、また一歩、這い登るようにして登るかずら坂。
延々と続く木の根道。次に待っていたのはくさり坂。

d0155361_2333010.jpg

!(;゚∇゚)ひゃーえええーここ行くわけーマジー鎖一本~!命綱がないー(;゚∇゚)!
鎖に身を任せてよじ登る大きな岩場。
その岩を土台にして懸崖造りの文殊堂が建てられています。
手すりの無い外傾斜の文殊堂と地蔵堂の縁をぐるりとひと回り。

d0155361_2395383.jpg
岩伝いの道、馬の背、牛の背をさらに進みます。
d0155361_231129.jpg

岩角をまわるとついに断崖絶壁に建つ
日本一危険な国宝と呼び名の高い投入堂が姿を現します。

d0155361_23115153.jpg

d0155361_2312574.jpg

(*゚▽゚)おおおーこんな崖ぶちに建っているなんて凄ーい~!
三徳山は修験道の修行の山として、その険しい地形が特徴で
厳しい立地条件のもと、お堂が建てられています。
このような岩窟に投入堂を建てるのは
現代の技術をもってしても難しいものですが
1000年前に一体どのようにして建てられたのか???
謎がいっぱい秘められたお堂です。


emoticon-0100-smile.gifみなさん~如何でしたでしょうか、三徳山三佛寺へ是非一度足を運んで見てはいかがでしょうか~
それだは~次の旅でお会いしましょう~旅でGO~
emoticon-0105-wink.gif
[PR]

by Yu-1300 | 2010-07-20 19:00 | 僕の一人旅in  三徳山三佛寺